伊勢神宮への献上品「奉納蜂蜜」

2018年の10月6日に伊勢神宮へ献上蜜を奉納いたしました。

伊勢神宮の神嘗祭は伊勢神宮で執り行われるお祭りの中で、神嘗正月とも呼ばれ、もっとも重要とされる祭儀式です。全国はもちろん、地元からもたくさんの人が参加し、心を込めて奉曵、奉納しております。

創業大正元年のはちみつ屋松治郎の舗では、毎年伊勢神宮にその年採れた蜂蜜を厳選して奉納させていただいております。 伊勢神宮にご奉納することは大変名誉なことであり、毎年、無事に採蜜ができたことへのお礼と、来年も無事に採蜜ができますようにとの願いをこめて行っております。

伊勢神宮の神嘗祭での奉納 伊勢神宮の神嘗祭での奉納

本年は選びに選び抜き、青森県横浜町で採れた「菜の花蜜」を奉納いたしました。

青森県横浜町 菜の花畑

献上蜜 菜の花蜜

2018年の献上蜜は、年間国産はちみつを1500缶(36,000kg)以上テイストする、蜜匠(はちみつマイスター) 水谷俊介が厳選しています。 今年取れた蜂蜜の中から、極上の蜜を180gの瓶に詰めて今年は限定300本販売致します。

今年、奉納された献上蜜の「菜の花蜜」は、従来の黄金色ではなく真っ白なはちみつは大変珍しく、日本でもこの地方でしか採ることができませ ん。

献上蜜 180g

菜の花の蜜は、豊作の年には結晶の粒子が大変細かいクリーム状のはちみつに仕上がります。
貴重な国産菜の花蜜をご賞味ください。